トップへ  登山記録へ
 総歩行距離 9.8km  昼食時間 50分
 総時間 6時間43分 吉和冠山山頂標高  1339m
天候が回復しみんなで山頂からの展望を楽しんだ後、晴れた山頂で再び記念写真を撮り直して下山開始。ルンルン気分でスノーハイクを楽しみながら下って行く

展望地でひと休みした後は、急坂で緩んだ雪に足を取られ転倒者続出。しかし怪我人も脱落者もなく無事松ノ木峠に下山した。前日来の単独者のスノーシューらしき跡があったが今日は誰にも会わず山では私たちだけの歓声が響いていた

山頂近くで降り始めた雪は直ぐに止み天候も無事回復して、大勢で楽しい雪山歩きになりました。風車番さん・岩国山登物語さん・ささゆりの会のみなさんお世話になりました。スノーハイク最高!ヽ(^。^)ノ     
※ 今回は風車番さんの写真を使わせていただきました。ありがとうございました
2014年 1月4日(土)

今季初のスノーハイク 深入山にでも登ろうかと思っていたら、風車番さんからお誘いがあり、岩国山登物語さんやササユリの会メンバーと共に総勢9名で松ノ木峠から吉和冠山に登ることになった

松ノ木峠登山口からスノーシューを着け登り始める。気温が少し高くザラメ状態で雪が重く今日は腰に負担がかかりそうです。今回は大人数なので先頭を交代しながら登って行きます。やはり人数が多いと心強いですね

急坂では、踵のリフトアップを上げ下げしながら登って行くと足元が少し楽になります。今日は雪が多いため夏山登山道を辿りながら歩くことになりました。一面の雪の中を、目印のテープを探して寂地山分岐、小川林道分岐を確認しながら登っていく

山頂手前辺りから天候が怪しくなり、山頂に到着する頃には一面ガスがかかり霙が降る天候。この悪天候の中で先ずは記念撮影。後半は雪とガスの中を歩くのか…と、一同覚悟しましたが、昼食が終わるころには徐々に晴れ間が見え始めほっとひと安心です(^。^)y-.。o○
 天候が回復し展望を楽しむ
 晴れた山頂でもう一度 ハイポーズ(^o^)
 恐竜 ヨッシー現る!!
 青空の下スノーハイクを楽しみながら下る
(本日のハイライトシーン)
 展望地でひと休み
 ここから急坂を慎重に下っていく
 転倒者続出!!
 あ〜ぁ 埋まっちゃった(>_<)
 最後の上り 「もうひと頑張り!」
 冠山山頂を振り返る
 松ノ木峠登山口に無事下山
「お疲れ様でした」
 松ノ木峠登山口へ
 先頭を交代しながら進んでいく
 急坂を登る
 尾根道を登る
  土滝山山頂を通過
ルートを確認しながら進む
 小川林道分岐
天候が悪化 ガスがかかり霙が舞い始めた
冠山山頂はガスの中「あ〜ぁ(-_-;)」
 今日の愉快な仲間たちとガスの中で記念撮影
(目まぐるしく変わる山の天気)
  昼食を食べていると…
雪が止み晴れ間が見えた「やったー!」
(今日のブルースカイ)
松ノ木峠登山口(9:35)→展望所(11:45)→土滝山(12:05)→寂地山分岐→小川林道分岐(12:25)→吉和冠山山頂・昼食(12:50〜13:40)→展望所(14:30)→松ノ木峠登山口(16:00)
 吉和冠山山頂 展望地からの眺め
動画 吉和冠山スノーハイク
広島県廿日市市吉和
吉和冠山スノーハイク
inserted by FC2 system